サイトポリシー リンク お問い合わせ
訪問者数
   
 


  ご挨拶 歴史 特徴・魅力 作品  

   
 

千家生花は、古歌や故事に基づいて生ける「伝花」をはじめ、四季折々の自然の風韻を重んじ、清楚・簡潔・軽妙酒脱なもち味を大切にしています。
江戸中期に利休七則として茶道に定着した「利休七箇条」というのがあり、「南方録」を基本としたものですが、その最初に記されているのは―花は野の花のやうに―です。この茶花の理念を流祖は創流の根本に据えたため当流は他流とは異なる独自性をもてたといえます。古典花は、天・地・人と呼ばれる三つの役技によって花型が構成され、植物のもつ線の美しさを表わすことを身上としている。天は真、人は流、地は控と呼称する。花留は松葉型の割り配(くばり)を用い、鋏で切ったあと、小刀で削っていけるのが特徴です。


| Home |   | ご挨拶 |  | 役員紹介 |  | 流派紹介 |  | 年間行事 |
copyright© 2006 Akitaken Kadourenmei All Right Reserved.

FLASHムービーをご覧いただくにはFLASHプラグインが必要です。 お持ちでない方は左のフリーダウンロードボタンから FLASHプラグインをダウンロード・インストールしてください。