サイトポリシー リンク お問い合わせ
訪問者数
   
 


  歴史 特徴・魅力 作品  

   
 
龍生派のいけばなには、さまざまなライフスタイルのなかで個性を表現する自由花と、創流以来伝承してきた古典華の二つがあります。
古典華には、室町時代に成立した立花(たてはな)を源流とする「立華(りっか)」と、江戸時代にその様式がほぼ完成された「生花(せいか)」があります。立華とは、花瓶に立てる供花を源流に持ち、その構成的な特徴は、器からまっすぐに立ちのぼる様式にあります。生花は抛入花(なげいればな)から発展したもので、立華に対して瀟洒でくだけた雰囲気をもっています。
自由花とは、植物を手にした時に、自分の感覚に基づいて自由にいけていくいけばなです。
龍生派では現在、古典華を伝承しつつ、この自由花を自流の花としながら、「植物の貌(かお)」と呼ぶ考え方を創作の基本にして活動しています。
   
     
       
自由花
 
立 華
生 花
 

| Home |   | ご挨拶 |  | 役員紹介 |  | 流派紹介 |  | 年間行事 |
copyright© 2006 Akitaken Kadourenmei All Right Reserved.

FLASHムービーをご覧いただくにはFLASHプラグインが必要です。 お持ちでない方は左のフリーダウンロードボタンから FLASHプラグインをダウンロード・インストールしてください。